工務店やその能力や技術を解説するサイト

工務店の力を借りて満足いく家を建てよう

>

工務店とリフォーム、イノベーション

新型コロナと住まい事情

2019年末から、中国での初感染が確認され、世界的に感染拡大が進行し、現在大きな社会的事項となっている「新型コロナウイルス感染」は、住宅事情にも大きな変化を生じさせてきました。
感染拡大を防ぐため、また、これを機に働き方を見直そうという動きも高まり、かねてより始まっていたテレワーク、在宅勤務の推進、郊外への引っ越しを考える人々の増加、家賃の支払いに苦慮する人々の急増などなど、住まいと人の関係は、大きな変化を迎えようとしているのが、現在の状況です。
こうした住まい事情の変化に、柔軟に対応できるのが、まさに「地域密着」の職人が集まっている工務店であるということは、知られるべきであるところでしょう。
では、そうした住まい事情の変化に伴い、どのように工務店やハウスメーカーを利用していけばいいのでしょうか。それを解説していきます。

工務店のこれからの役割や意義

「工務店」の特徴は「大手ハウスメーカーと比べて規模は小さいが、その分地域密着型で、お客さんのニーズに柔軟に対応できるところ」であることは、先の項において触れてきたことですが、それが、これからの時代では強みになってきます。
特に、テレワークや在宅勤務だと、従来の「完全なプライベート空間」であった自宅の一部が「仕事場」になるため、防音や間取り、仕切りなどを考え直す必要があります。
工務店はリフォームにおいても一定上の技術を有している所が多く、尚且つ、現在はこうした需要が増えてきているため、相談をする価値は十分にあります。
大手ハウスメーカーの気軽さと、工務店の細やかな対応力、双方を上手く組み合わせて利用することが、よりよい住宅に繋がっていくのです。


この記事をシェアする