工務店やその能力や技術を解説するサイト

工務店の力を借りて満足いく家を建てよう

>

工務店を活用した家の建て方を知る

「工務店」とはどういう場所なのか

「工務店」とは、全国的に展開している「ハウスメーカー」とは異なり、一般的に狭いエリアで営業を行っている建設会社のことを指しています。
地域密着型、と言い換えることもできる営業スタイルであることが特徴であるといえます。
「工務店」の規模はそれこそ各工務店によってさまざまな規模が存在し、社員数人程度の小さな工務店もあれば、複数の都市にまたがって事業を展開している工務店もあり、その中には全国的に名前が知られた工務店も存在しています。
また、工務店としての業務を行いつつ、各地域に根差したその強みを活かして、土地の分譲などを行うための部門を有している工務店も存在しており、まさにそれぞれの地域やローカルな事情に適応した建築会社であると言えるでしょう。

ハウスメーカーとの違いを比較してみよう

この項では、一般によく知られている「ハウスメーカー」との違いを比較していくことにしましょう。
「ハウスメーカー」は基本的に全国に営業所を設置し、そこを窓口として、施工を行う建設会社であると言えます。
住宅専業のハウスメーカーや、大手建設会社の住宅部門としてのハウスメーカーもあり、その形態はいろいろです。
ただ、「工務店」との大きな違いとして言えることは、「工務店」はお客さんの希望に応じて自由自在に建築を行っていくことが多いですが、「ハウスメーカー」はいくつかの間取りや設備のパターンをあらかじめ設定しておき、その中からお客さんに選んでもらうという「企画型」というスタイルで営業していることが多くなっています。
これは、多数のお客さんを相手にする事業規模上、補償やメンテナンスの規格を統一するために採られている方法です。


この記事をシェアする